プロフィール

友美イチロウ

Author:友美イチロウ
セクシー漫画家
シャツ・グッズ類販売業
2008年ボブロス画法CRJ講師資格取得(風景)
2011年ボブロス画法CRFJ講師資格取得(花)
2011年ボブロス画法CRWJ講師資格取得(動物)
好きなゲーム:
サイキック・ディテクティヴシリーズ
ファミコン探偵倶楽部

●単行本
・「おいしい三姉妹」
(竹書房刊)全3巻発売中
・「エロまんが編集者・AKi」
(竹書房刊)全一巻発売中
・「性欲。」
(エンジェル出版刊)全一巻発売中
・「サッチー&ユッキー」
(エンジェル出版刊)全一巻発売中
・「にゅーたん」
(講談社刊)単行本1巻発売中

FC2カウンター
月別アーカイブ
FC2ブログランキング
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
今年のコミケは


不参加ですが、いつも通りとうか「甲冑娘」さんのところに寄稿させていただきました。
サンシャインホントよつばと!本に参加しています。
16Pずつ書いたので結構ボリュームありますよ。
よろしくお願いします。

コミケ1日目、12/29(水)、シ-60(東4ホール)
だそうです。
よろしくお願いします。


スポンサーサイト
同人トラックバック(0) | top↑
クリスマス


靴下を脱いで寝たのですが、

起きたら靴下の中に綿ぼこりが入っていました。


面白くない話トラックバック(0) | top↑
ドキッ! 1月号

知らないウチに出てました。
巻頭で描いてます。
一応連載です。隔月だけど。

最近のお仕事トラックバック(0) | top↑
神様のことば

昔、何かで読んだ事があるのですが、
痴呆で色んな事を言うようになった老人をアイヌの人々の間では、「神様の言葉をしゃべるようになる」
と、いうのをどこかで読んだ記憶があります。

普通だと、
「何をわけのわからないことを言ってるんだ」
「ついにボケが始まった」
「おじいちゃんさっきご飯食べたでしょ」
と、いうような対応になってしまいます。
ところが、アイヌの人たちはこのような老人を「神様の言葉をしゃべる」と、手厚く家族でお世話をするのだそうです。
神様のお使いのように捉えてお世話をするというのです。

なるほど、痴呆の老人の相手をまともに向かい合ってケアしていくと考えると、つい相手に当たってしまいそうになりますが、神様に近づいていっていると考えればまるで生き神様を扱うようになりますよね。
物の見方、とらえ方で世界は色んな顔を見せます。
もしかしたら、アイヌの人たちの中でも「本当は神様なんかじゃない、ただの痴呆老人だ」と考えている人もいるかも知れません。
しかし、”神様の言葉をしゃべるようになったと、いうように捉えよう”という姿勢が美しいと思うのです。
痴呆になる老人も、好きでそうなるわけではありません。色んな病気がある中でそう言う言葉や行動をしてしまう症状になってしまっただけです。
あとはケアする方のとらえ方次第だということです。

痴呆というのも不思議なもので、症状は人それぞれです。
その人の性格を色濃く反映した症状が多く出ると言います。
たとえば、よく怒る人は怒って、悲しむ人は悲しんで。
それを誰彼構わず何度も何度も繰り返す、ということだそうです。
つまり、抑制という感情が欠けた状態の言葉が多いそうです。
それを言わない方がいい、というストッパーがないので、辛い、哀しい、キツイ言葉がどうしても多くなるんですね。
悲しいかな、受け取る側も人間ですから、その言葉が勝手に発せられてるものであっても、言葉を理解して受け取ってしまいます。
それが老人に対してのケアへの障害になっていっている例もあると思います。

もしかしたら、それに対するベストな対応は「やさしさ」なのかもしれません。


「何をわけのわからないことを言ってるんだ」
「ついにボケが始まった」
「なんで漫画やアニメだけなんだよ」
「おじいちゃんさっきご飯食べたでしょ」

そんなこといっちゃいけないんですよ。


えー…と、石…原さん…でしたっけ?
神様の言葉を話はじめたの?

面白くない話トラックバック(0) | top↑
都条例を回避する方法


二 漫画、アニメーションその他の画像(実写を除く。)で、刑罰法規に触れる性交若しくは性交類似行為又は婚姻を禁止されている近親者間における性交若しくは性交類似行為を、不当に賛美し又は誇張するように、描写し又は表現することにより、青少年の性に関する健全な判断能力の形成を妨げ、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの

でしたっけ。
間違ってたらごめんなさい。

まぁ、つまり賛美やよろしく描いてるのはひっかかりますよって話ですね。
そこで作りました。


tojo.jpg

これをラストに貼るだけであら不思議、全部それまでに起きた事を否定できます。
(フリー素材です。)
※クリックでpsdファイルがダウンロードされます。
面白くない話トラックバック(0) | top↑
雑炊食べたかったな…

奥さん寒くなってきましたね。
年のせいか、いろんなところが冷えてきます。
暖まりませんか?(性的な意味で)
友美イチロウです。

僕はなかなか怒るということがなく、ネメシスの雑誌のテーマは「怒り」なのですが、初めての打ち合わせの際にも「最近、怒っているようなことはありませんか?」との問いに、
「いえ、別に。平穏無事です。」と開始早々連載の危機に直面したことはいうまでもありません。

あ、昨夜人生唯一の至福の時間。
夕食の時間に鍋の最後の締めに雑炊を作って「今日は贅沢に卵を二つ使おう♫」とできあがって、さぁ、という時に母親がもらって来た石鹸セットを見せびらかしにきてそれがまた強烈な香りを室内に放ったために食欲を失せてしまい、一口も食べずにそのままふて寝したくらいですかね。憤怒したのは。
まぁそんなことでも珍しいくらいです。ホント。
はらわた煮えくりかえる感覚を久々に思い出したくらいですから。

奥さん、家庭円満の秘訣をお教えします。旦那が帰宅して、自分が先に食事を終えている際、食事中の旦那に昼間あったことなどをあれやこれやと話しかけすぎてはいけません。
旦那は疲れて帰ってきて、落ち着いてご飯をゆっくり楽しみたいのです。
それを横でキンキンまくし立てられたら、食べたい、テレビも見たい、嫁の話も理解してやらないといけないと疲れてる脳がパンクします。
一緒に食事をしていての会話ならいいんですよ。奥さんだって食べてるからそんなにしゃべってばかりじゃないでしょ?
男と犬の食事は途中で邪魔をしてはいけないのです。
食事後にそういう話をゆっくりすればいいのです。旦那の腕のなかで。


さて、そんな中またイラッとさせる事が続いていますね。
もう、何がというのも書くのも面倒なので察してください。
置き場所や18禁表記は今までもあったしなんの問題があるのかと思いますね。
けど、絶対にそれだけで済むわけがない。
このまま続けば、雑誌に描く際でもあれはダメこれはダメと色んな規制がかかるでしょう。
もうね、絵描きにとっては表現の自由を縛られるのは言葉を失うのと一緒ですよ。
読者の方には、今までが自由に書けてるように見えるかもしれませんが、現時点でも結構そういう規制はあって、我々は苦心してるんですよ?


ちなみに、大昔、表現の自由が奪われたことがありました。
大昔といってもすぐそこですね。文章の世界にも大きく規制された時代がありました。

戦時中は言語統制がありました。
終戦後、その規制は外されたのですが、それでもまだ規制は厳しかった時代です。
その規制と追いかけっこしていたのが官能小説の世界です。

たとえば男と女がいるシーンで、「挿入」という言葉を使うと、作家や出版社に警察から呼び出しが来ました。もちろん「入れた」ち書いてもいけません。しかし、女に男が「体を重ねた」と書けば、だいたいチェックはパスするのです。読んでいけば、あきらかに「入れた」のは確実なのですが、「体を重ねた」としか書いていなければ、「入れたかどうかは確実ではない」というのが警察の解釈だったようです。性器などのひょうげんについても同様のことがいえました。
そこで官能シーンを書く作家達は、直接的な表現は避けて、しかも読者には十分にそのシーンが思い浮かぶように苦心したのです。警察と作家の知恵くらべといったところもありましたが、笑いごとではないのです。警察にちょくちょく呼び出されるのはいやですから、作家たちはそれだけ隠微な表現力を錬磨しなければなりませんでした。
(「官能小説用語表現辞典」あとがきより抜粋)

こんな経緯であの独特の表現が生まれ、今に受け継がれて来たということなんですね。
そのあとの綴りでこうも書かれています。

官能表現の性的表現が、差別的なものなどは別にして、完全に自由になったのは1980年代になってからです。
(「官能小説用語表現辞典」あとがきより抜粋)

ビックリですね。まぁ、これを読んでる人のなかには生まれてない人もいるでしょうが、そんなに昔ではないですよ。
漫画も少し時代を遡って男性器をオットセイに、女性器を秘貝にする日も近くなって来たようです。



今までもそうでしたが、何か規制ができると、規制する人達が産まれます。

だって、業界内ならすでに発行前に編集部内でやってることだから、同業界団体内で作るわけないでしょ?
そうなると、組織は外部ですよ。
それが警察の天下り組織とかだったりしそうじゃないですか?だって、他にどこの人がその基準を持ってるんです?
経験を持つ警察とそことつながりのある警察からの人間で組織されるに決まってるじゃないですか。
そういうの作りたかったからとかで条例案とかだったら怒りますよ、ホント。
いや、作りたくなくても結果できたら怒りますよ。
エロ漫画読んでお金もらえる仕事がついに実現してしまいます。
「すげー!俺もその仕事に就きてー!」と思ってる人には決して就けない仕事ですから喜ばないでください。

ぼかぁ、そんなのできたら爆破しに行きたいですね。
え?
危険な表現だって?
大丈夫ですよ。
このブログは漫画じゃないし、
非実現組織ですから、

いまんとこは。

面白くない話トラックバック(0) | top↑
漫画家やめます

友美イチロウです。
本日は真面目なお話し。
奥さんも正座して読んで下さいね。

なんか今、都条例がHOTですね。その話題。
たまにこういう話しておくと「あ、友美先生って知的♡」とか思われたりしそうですからね。重要です。
いつも通りこういう話をすると長いので、要約を知りたい人は最後の10行くらいを読んでいただければと思います。


話題をよく知らない人は、まず読もうとも思ってないだろうなので詳細は語らない事にしましょう。


かの故手塚先生は「漫画はゲリラ」とかそんな風にどこかで言われていたように記憶しています。
国に補助されたりそんな温いところから生まれ出る物なんてなにができようか、といった内容だったと思います。
記憶が曖昧なので違ったら申し訳ありません。

手塚先生は戦時中でも漫画を描いていたのは有名な話ですね。
もちろん、ふざけんなと見つかって破られたりしたわけですが、そんな中でもトイレで漫画を描いたりと描く事をやめませんでした。
そんな話を見たせいか、僕の中では漫画は反骨的な表現メディアです。
世代や人によっては文章がそれかもしれません。
人によって表現方法は様々です。
文章、詩、演劇、映画。そして、まんが。
もちろん他にもたくさんの表現方法があります。
しかし、今回は漫画やアニメとそれ以外との差別のされ方が気になります。

よく言われる事ですが、何が悪くて何が良い物なのか?
それは手に取った本人が決める事です。
場合によっては、親がその手に取った物を取り上げる事も必要です。
ただ、ここで大切なのは、触れてみて良い物か悪い物か?そこが必要なのです。
親が良いと思うものだけを与え続けていくのはいわゆる養殖です。
どうやっても自然の中で育ってきた天然物には敵わないということです。
もしも檻の中に囲う事が教育だというのであれば、子供を育てる中でそれ以上の愚はないでしょう。
自立を阻害した教育は個人の個性を殺した、もっとも劣る方法です。
スパルタ式で行こうじゃないですか。


親のよくある台詞。
「お父さんはこれで苦労したからお前には同じ思いをさせたくない」
もし、これで納得する子供だったら、それは賢いのでも何でもない。
臆病なだけです。
もちろん、中には触れてはいけない危ない物もあります。
そうでないものもある中で、全て「これはダメだったから」ということだけで禁止するのであればもっとやらなければいけない事は山積しています。
たとえば、タバコなど分煙など生ぬるい。前面禁止した方がいいでしょう。
お酒も身体に悪いですね。全部捨てましょう。

けれど、人生はそうじゃない。
触れて危険だとわかるまで触れなければいけない物もある。
どうしても触れてみたくて失敗してわかる事もある。
今の法律はそういう立ち直りを支援しているはずです。
触れすぎないように、というお触れではない。
なぜ、漫画やアニメにのみにその理由を押しつけようとするのか。
それも執拗に。





さて、
こんな世で自由に漫画が描けないとなると、自由に描ける方に行った方が良いと言う事ですね。
実写でもいいですね。


なんでも聞くところによると小説は読む人によって様々な理解があって、漫画やアニメは解釈が一つしかないからダメなんですって。


じゃあ、漫画家やめて小説描きましょう。
そして本を出しましょう。
半分くらい挿絵の入った本を。

非実現という事なら他にも色んな言い訳が通ります。
絵の中の少女が被害を受けてるなら絵の中の少女が加害者になるレイプはオッケーですよ。
ただし、相手の男性は成人に限りますが。


今、都が成立させようとしている事は一休さんの虎の屏風と同じことをしています。
しかも将軍側です。
我々は一休さん側です。お約束で言うしかありませんね。

「この絵の美少女を出してくれ。そうじゃないと犯せない。」



いかん。ちょっと頭よく見えちゃったかな。

いつでもお嫁さん募集中です。

面白くない話トラックバック(0) | top↑
ピザッツSP

お久しぶりですね。最近えらく忙しいですよ。
年末すなぁ。

ピザッツSP出てますね。
初めての続き物でラストのお話しです。


ドボーン!

最近のお仕事トラックバック(0) | top↑
| ホーム |
おすすめ商品!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。