プロフィール

友美イチロウ

Author:友美イチロウ
セクシー漫画家
シャツ・グッズ類販売業
2008年ボブロス画法CRJ講師資格取得(風景)
2011年ボブロス画法CRFJ講師資格取得(花)
2011年ボブロス画法CRWJ講師資格取得(動物)
好きなゲーム:
サイキック・ディテクティヴシリーズ
ファミコン探偵倶楽部

●単行本
・「おいしい三姉妹」
(竹書房刊)全3巻発売中
・「エロまんが編集者・AKi」
(竹書房刊)全一巻発売中
・「性欲。」
(エンジェル出版刊)全一巻発売中
・「サッチー&ユッキー」
(エンジェル出版刊)全一巻発売中
・「にゅーたん」
(講談社刊)単行本1巻発売中

FC2カウンター
月別アーカイブ
FC2ブログランキング
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
ノーベル賞

ふと、思い出した事がありました。

Hな漫画を描いたり、ギャグマンガを描いたり、真面目な漫画を描いたり。
今でも僕は、幾許かの罪悪感や背徳感を感じながらこの仕事をしています。
楽しいと思う反面、あんまり胸を張れる商売でないのも自覚しています。

なんだかんだとしてるうちに、大学時代にデビューして今に至るわけですが、当初はこの仕事を続けるつもりは毛頭ありませんでした。
大学を卒業して、就職して、そのまま勤め続けるつもりでした。
漫画を描けないストレスから舞い戻ったわけですが、その奇妙な感覚を持ったまま、昔から今まで漫画を描く仕事をしています。

そんな感覚の中、今でも負の感覚に潰されないでいるのは、それ以上の強い正の感覚を持ち得たからです。

僕らの世代は「いい高校に入って、いい大学に入って、いい会社に入れば人生は安泰だ」と教えられた世代です。
僕が会社を離れたのは山一証券の破綻(あんなに大きな会社でもつぶれてしまうんだという終身雇用の崩壊)と猪木の引退(行けばわかるさ)が一番のきっかけでした。
そんな僕は、普段から”どんな大学に行くか”ということよりも”どんな先生に師事するか”ということが大切だと口にしています。
一流の大学といわれるところに行っても何も学ばずに卒業してちゃらんぽらんな人もいれば、三流の大学といわれるところに行ってもたくさんの事を学んで立派に勤め上げる人もいます。
その差はどこにあるかというと、前述の”どんな先生に師事するか”ということなのだと思います。


さて、前置きが長かったですが、大学時代に僕が師事した先生のおはなし。

ひょんなことがきっかけでその先生のゼミに入る事になったのですが、その先生のゼミにはなぜかゼミ生が先生の研究室にいつも誰かが入り浸っており、8畳ほどのスペースはいつも満員という不思議なゼミでした。
僕は勉強が出来たわけではないのですが、いつしかその中の一員になっていたのです。
先生には単位を助けていただいたり、当時税務署のお世話になり始めた際アドバイスをいただいたりと大変お世話になりました。
お話し好きの先生で一度話が始まると、自分の授業の時間が始まるというのに僕らにためになる話やためにならない話をしていただきました。
お酒のことや、上下の付き合いのことや、パソコンの事や、それはそれはたくさんの事を教えてもらったものです。
その中で、僕が始めたアダルト漫画の仕事に対する負の感覚を先生に打ち明けたとき、こんなアドバイスをいただきました。

「Hな漫画は世の中に必要なものだ。
もし、キミがその中で誰もが興奮するような作品を作れたなら素晴らしいじゃないか。
私たちから上の世代になると、みんなシモの不安と対峙する人も少なくない。
今はバイアグラなんかもあるけれど、もしキミの漫画がその代わりになるような物になれば、それはノーベル賞ものだよ。」

先生は決して僕の仕事を咎めるでもなく、むしろ突き進んで一番になりなさいと教えてくれました。
決して、卑しい職業などと口にするような事はありませんでした。
その言葉は今の僕の支えでもあり、目標でもあります。
人間に生まれた以上、性は常につきまとう問題です。
しかし、決して隠して解決するような物ではなく、向き合って解決していく事項だと僕は思っています。
性は絵のように目から入るだけの物では無く、五感をフルに活用する人間にとって必要不可欠なものです。
個人個人でその感じ方は違い、性別感でも違います。国が違えばまた違うのはもちろんの事。
全員が同一の物で興奮を憶えるという事はないかもしれません。
しかし、考える事をやめてしまっては、とめてしまっては何も生まれません。
僕は、今日も人の心の中を探っています。ノーベル賞をもらうために。


卒業して13年以上になりますが、今でも先生との付き合いはあります。
今年もまた、先生の長い話を聞くような季節になってきました。

みなさんは卒業後も会いに行ける先生はいますか?

面白くない話トラックバック(0) | top↑

トラックバックURL
http://mini2mitan.blog106.fc2.com/tb.php/126-057c471f

| ホーム |
おすすめ商品!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。