プロフィール

友美イチロウ

Author:友美イチロウ
セクシー漫画家
シャツ・グッズ類販売業
2008年ボブロス画法CRJ講師資格取得(風景)
2011年ボブロス画法CRFJ講師資格取得(花)
2011年ボブロス画法CRWJ講師資格取得(動物)
好きなゲーム:
サイキック・ディテクティヴシリーズ
ファミコン探偵倶楽部

●単行本
・「おいしい三姉妹」
(竹書房刊)全3巻発売中
・「エロまんが編集者・AKi」
(竹書房刊)全一巻発売中
・「性欲。」
(エンジェル出版刊)全一巻発売中
・「サッチー&ユッキー」
(エンジェル出版刊)全一巻発売中
・「にゅーたん」
(講談社刊)単行本1巻発売中

FC2カウンター
月別アーカイブ
FC2ブログランキング
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
自分の前世があるとすれば

皆さん、自分は何だったんだろうかと考えますかね。

自分はねー。
多分、坊さんだったんじゃないかと思っていますよ。
30歳も年上の人に古風だとか言われるし、自分をやたら律して縛るし、説教は歌のように口から出てくるし。
逆に、正座は出来ないし、お経は覚えられないし、酒好きなので信憑性はありませんが。
なんかね、若いときから「はじける」とか「青春」とか「長髪」とか言う言葉とは無縁でした。
そういや野球部でもないのに中学入ってすぐ理由もなく丸坊主にしたのを今、思い出しました。

そうやって考えてると、ふと幼き頃を思い出すのです。
フェンスってありますよね。
あの緑の斜め格子状になった感じのよくあるアレです。
子供の頃、友達が軽々とフェンスを乗り越えていくのになかなかついて行けませんでした。
臆病だった性格もあるんですが、ルールを重んじる性格なのでダメな物はダメ、乗り越えてはいけないから壁がある。と言うようなことをいつも考えながら生きていた気がします。

飛び越えられない空き地のフェンスの向こうから、傾いた陽が目に入ってくる映像。
そんな子供の頃を思い出すのです。


最近は知らぬ間に破戒僧にクラスチェンジしたのか、フェンスもぶち壊して進みますけどね。

面白くない話トラックバック(0) | top↑

トラックバックURL
http://mini2mitan.blog106.fc2.com/tb.php/77-0d4ad151

| ホーム |
おすすめ商品!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。